給料日は何日が多い

世間一般では給料日が25日に多くなっていると思われているようですが、確かに昔は25日が給料日という会社が多くなっていました。

しかし、現在では色々な給料日があり、必ずしも25日になっているとは限りませんが、通常はきりのよい日にちである5日や10日、15日や20日が給料日となっている事が多いようです。

そんな中でもやはり25日が給料日という会社が多くなっている傾向にありますが、中には月末が給料日になっているという会社も存在しています。

その反面、月初めの1日が給料日という会社は滅多に見かける事はありませんが、月末である25日から30日の間がかなり多くなっているという傾向にあります。

よく調べてみると、会社勤めをしている人の給料日が何日になっているかというアンケートや集計結果が載っているサイトを見かける事があるのですが、やはり25日に給料日という人が半数以上となっていて、次に多いのが20日となっているようです。

25日と20日で全体の半数ほどとなっているので、いかに25日と20日が多くなっているのかがわかります。

ちなみに20日の次に多くなっているのが月末なのですが、月末が給料日だという人も、20日が給料日だという人と同じぐらいの数となっているので、現在では会社によって給料日が全く違うという事です。